読書週間とは?図書館・書店ではイベントも開催!

 

毎年10月27日~11月9日の2週間は「読書週間」です。

この期間、図書館や書店では読書を盛り上げるイベントを多数開催!

今回はこの読書週間の由来やイベントについてご紹介します。

「読書週間」とは

読書週間のもとになっているのは、1924年に始まった「図書週間」です。

これは図書館協会が打ち立てたもので、のちに「図書館週間」さらに「読書普及運動」と名前が変わりながら、標語を募集したり、イベントを催したりと読書を盛り上げていたようです。

しかしこの運動は、戦争が始まったことで中止を余儀なくされてしまいます。

 

再び盛り上がりを見せるのは、1947年。

1945年の終戦から、まだ間もない戦後の混乱の真っ只中で、

「読書の力で、平和な国家を作りたい!」

と、図書館や出版業界、マスコミ機関が一丸となって最初の「読書週間」を立ち上げました。

ちなみにこの第1回目は、アメリカの「チルドレンズ・ブック・ウィーク」にならって、11月17日から23日までの1週間が期間でした。

これがとても評判が良かったため、次の年からは文化の日を挟んだ10月27日から11月9日の2週間に延長され、そのまま現在まで続いているのだそうです。

さらに2005年には読書週間の初日にあたる10月27日が「文字・活字文化の日」に制定され、長きにわたって読書家たちに愛されてきた取り組みなのです。

 

1年に1度の読書イベント!今年のテーマは?

 

読書週間では、毎年公式サイトで事前に標語とポスターの募集を行っています。

 

   公式サイト ↓ 

公益社団法人 読書推進運動協議会

 
見事大賞に選ばれた標語は、そのままその年のテーマに!

2019年の読書週間のテーマは・・・

 

「おかえり、
 栞の場所で待ってるよ」

 

f:id:chiko_yama:20191021183736j:plain

 

続きを読むのが楽しみになる、可愛らしいテーマですよね!

 

読書を盛り上げるイベントも! 

読書週間には、図書館や書店でもイベントが開催されます。

お祭り気分で覗いてみるのも楽しいですよ!

 

図書館


 

読書週間に特に力を入れているのが図書館。この期間にあわせて、多くの図書館ではさまざまなイベントが企画されています。

主な内容では、

・図書の展示

・おはなし会

・スタンプラリー

などなど。

お近くの図書館は、ホームページやSNSでぜひチェックしてみてくださいね。

※イベントを開催しない館もあります。

 

書店


 

書店くじ


読書週間の期間中、対象の書店で図書・雑誌500円以上を購入するとくじがもらえるそうです。一等は図書カードまたは図書購入時に充当5000円

こちらは本書店商業組合連合会の加盟店での実施なので、事前に必ず対象店舗をご確認ください。

日本書店商業組合連合会「本屋さんへ行こう!」

 

 

丸善ジュンク堂に住んでみる」ツアー【募集終了】

 

Twitterでの呟きがきっかけではじまった本屋さんお泊まり企画。

本を自由に読んだり参加者同士でおすすめの本を紹介しあったりという夢のような企画。

残念ながら今年の参加者は10月上旬で募集終了しています。とはいえ毎年開催されているようですので、来年を楽しみに待ちましょう。

 

www.maruzenjunkudo.co.jp

まとめ

いかがでしたか?

読書好きにとってこの「読書週間」は、1年に1度の最強のイベント!

ぜひ盛り上げていきたいですね。

そしてもちろん、これまで本に親しみのなかった方も、この期間だけはお近くの書店や図書館をちょっと覗いて気になる一冊を見つけてみてください!

今年も読書の秋を満喫しましょう!

 

●● このブログを書いたひと ●●


 

chiko-yama.hatenablog.com

 

●● Twitterでは毎日おすすめの本を紹介 ●●


twitter.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
感想・コメントなど頂けると嬉しいです。