【まとめ記事】平和がテーマの本8選

 

この記事では、今まで紹介した本の中で、平和をテーマにしたものをまとめました。

 


ナチスに挑戦した少年たち


 

 

第二次世界大戦デンマークはなすすべもなくドイツの占領下におかれました。他国でのドイツ軍による虐殺を尻目に、何も行動を起こさずにいる人々。そんな中、勇敢なイギリス人に触発され、自由を求めて奮い立った少年たちがありました。

 


知らなかった、ぼくらの戦争


 

 

 アメリカ人の著者から日本の戦争体験者へ、日米の垣根を越えたインタビュー。

そして見えてくる、「戦争とはいったいなんのなのか?」

 

*紹介している記事*

chiko-yama.hatenablog.com

 


マララのまほうのえんぴつ


 

 

まほうのえんぴつがあったなら、みんなが幸せで自由な世界が描けるのに。みんなが分け隔てなく暮らせる世の中が描けるのに。

でもそのうちに気付いた。

”まほうのえんぴつ”は、自分の言葉と、行動のなかにあるのだと……。

 


みどりのゆび


 

 

チトはみどりのゆびを使い、あらゆるところで花を咲かせます。そしてたくさんの心を癒します。

しかしチトは、思いがけない話を聞きつけます。遠くの国で戦争が始まったというのです。そして、その戦争に使われる兵器は、チトのお父さんが作っているのでした…。

 


ある晴れた夏の朝


 

 

日本に落とした原爆は、本当に必要だったのか? 
アメリカ、ハイスクールの生徒8人が、それぞれ賛成派・反対派に別れて討論会を開く。 
8通りの主張は原爆の是非にとどまらず、戦争と平和の根本を問いかけるものになり…。

 

 *紹介している記事*

chiko-yama.hatenablog.com

 


ソルハ


 

 

アフガニスタンの首都カブールに住む少女ビビ。戦争が日常の町で、少女は何を体験し、何を思って生きるのか…。

 

*紹介している記事*

chiko-yama.hatenablog.com

 


みんなのSDGs


 

 

奇跡の星、地球に生まれた私たち。 でも、メリーゴーランドのように巡り巡ってきた自然を、人間が壊してしまったんだ…。

 

*紹介している記事*

chiko-yama.hatenablog.com

 



 

 

秋は私の一番好きな季節です。 けれど昭和十九年の秋は、恐ろしいものでした…

 

*紹介している記事*

chiko-yama.hatenablog.com

 

●● このブログを書いたひと ●●


 

chiko-yama.hatenablog.com

 

●● Twitter ●●


●● 楽天ROOM ●●


room.rakuten.co.jp


最後までお読みいただきありがとうございました!
感想・コメントなど頂けると嬉しいです。