この夏は、特別。夏休みを描いた青春本3選

 

 

いきなり暑くなったと思えば雨続きの毎日…。

みなさまどうお過ごしでしょうか。

今回は特別な夏休みを過ごす、3冊の本を紹介していきます!

 

目次
❶『つるまき町夏時間』コマツシンヤ
ファンタジックで優しい時間が流れるコミック。
❷『ライブラリー・ツインズ』
 日野祐希
本の魅力を詰め込んだ、元気いっぱいの青春小説!
❸『みつばちと少年』村上 しいこ

一夏の出会いと成長を描く青春小説。

 


つるまき町夏時間 
コマツシンヤ


 

 

 終業式の日、みんなが下校したあとのシンとした教室で、みつるは自分を呼ぶ不思議な声を聞きます。

(誰もいないはずなのに…。)

声に導かれ、たどり着いたのは教室の後ろに置き去りにされたホテイアオイ

そこにいたのは…。

 

ホラーのようなあらすじになってしまいました。が、全然違います。

こちらはマンガ作品。

1話完結の連作になっていて、架空の町「つるまき町」を舞台に、みつるのちょっと不思議な夏休みを展開していきます。

ゆったり流れるお話の中の時間に最初はなかなか馴染めず、心に余裕がなくなってるんだな〜と身に染みました…。

みなさんも「つるまき町夏時間」を読んで息抜きしてみてはいかがでしょう。

 

著者データ
コマツシンヤ :漫画家・イラストレーター。「睡沌気候」でデビュー。同じ年にアックスマンガ新人賞・本秀康個人賞を受賞。他の作品に7778月のソーダ水」など。

 


ライブラリー・ツインズ
日野祐希


 

 

中学最後の夏休み直前、「今の成績では内部進学が危うい」と担任に告げられてしまった菜織。

「今から受験勉強なんて無理!」

ショックを受ける菜織に先生は、大学図書館でイベントの準備を手伝うボランティアを持ちかけます。

参加すれば内部進学は確実!となれば、やらないわけにはいきません。

楽しい夏休みの予定を返上し、お目付役の双子の弟・健史を引き連れて、菜織はボランティアを引き受けることにします。

読書の楽しさを伝える作品が多い中、こちらは製本や、どうすればみんなが本に目を向けてくれるのか、といった、本を見せる・作ることにスポットを当てたお話。

始まりはドタバタしていますが(笑)、図書館や本について、ゆるカワの挿絵も手伝って、とても分かりやすく紹介しています。


この本で"本"に興味を持つ人もいるんじゃないかな。

成績不振ではじめたボランティアが、いつしか特別な経験に・・・。

元気いっぱいの青春小説です。

 

著者データ
日野祐希:「ネット小説大賞」受賞。 他の作品に『カラフル ノート 久我デザイン事務所の春嵐』『秘密の神田堂 本の神様、お直しします。』『菜の花工房の書籍修復家 大切な本と想い出、修復します』など。

 


みつばちと少年 
村上 しいこ


 

 

 
夏休み、雅也は叔父さんの養蜂場にほど近い、"北の太陽"に宿泊することになりました。
北の太陽には、様々な理由で親から離れることになった5人の子どもたちが暮らしています。

相手の気持ちを考えることが苦手で、学校にも友だちがいない雅也は、不安でいっぱい。
ぼく、うまくやっていけるのかな…。

こちらは村上しいこさんの作品。

村上さんが大好きだというみつばちマーヤの冒険を絡め、成長していく子どもたちの姿を描いています。

「誠実」が一つのテーマになっているそうですが、飾り気のない正直な言葉は、喜ばせることもあるし、傷つけることもある。

この夏たくさんの経験をした雅也が、最後に手にするものは何でしょうか。

一夏の出会いのお話。

 

著者データ
村上 しいこ:『かめきちのおまかせ自由研究』で日本児童文学者協会新人賞、『れいぞうこのなつやすみ』でひろすけ童話賞、『うたうとは小さないのちひろいあげ』で、野間児童文芸賞を受賞。その他、児童・YA作品を中心に執筆。

 

 


まとめ


 

いかがでしたか?
夏休みがなくなって、はや十数年。
…大人は世知辛いですね。
 
●● 関連記事 ●●

●● このブログを書いたひと ●●

●● Twitter ●●


●● 楽天ROOM ●●


room.rakuten.co.jp


最後までお読みいただきありがとうございました!
感想・コメントなど頂けると嬉しいです。