夢にトライ!新しい扉を開くチャレンジャーの本3選

 

 

誰かの挑戦する姿は見ている私たちにも勇気をくれます。

今回の記事では、自分の手で新しい扉を開いたチャレンジャーの本を3冊ご紹介します!

 

目次
❶『ぼくらしく、おどる』大前光市
困難も武器に!未来を切りひらいたダンサーの物語
❷『さばの缶づめ、宇宙へいく』
 小坂康之 / 林公代
サバ缶を宇宙へ!高校生の一大プロジェクト!
❸『一歩ふみだす勇気』高橋惇

子どもたちに笑顔を!自転車で運んだ勇気の種

 

 


ぼくらしく、おどる 
大前光市


 

 

この本を書いた大前光市さんは、パラリンピックで閉会式のパフォーマンスにも参加したり、ヒップホップのダンサーと共演したり、世界で活躍するダンサーです。

大前さんの左足は義足

事故で膝から下を無くしてしまったのです。
舞台で踊ることは、大前さんの昔からの夢でした。
足をなくしても、夢はあきらめたくない。
大前さんは、義足をつけてプロのダンサーになることを決意します

YouTubeで、大前さんが踊る姿を撮影した動画を見ることができます。

 


www.youtube.com


全身を使ってダイナミックに踊る大前さん。

足をなくしても、夢をあきらめず、"自分らしく"踊る。
大前さんの挑戦は、本を読んだ人にもたくさんの勇気をくれます。

 

著者データ
大前光市:リオパラリンピックのステージ出演など、世界で活躍するダンサー。24歳のとき、交通事故で左のひざ下を切断する。作品に合わせて義足を使いわけ、他にはないダンス表現を築く。

 


さばの缶づめ、宇宙へいく 
小坂康之 / 林公代 


 

 

2020年、宇宙飛行士の野口聡一さんが、宇宙食を紹介する動画を国際宇宙センターから投稿しました。

その動画内で野口さんが食したのは、福井県にある若狭高校の生徒たちが開発したという"さばの缶づめ"。

高校生の宇宙食開発は、国内どころか世界でも初めて。
一体、何をきっかけに、どのような道を歩んで完成まで漕ぎ着けたのでしょうか?

そこには14年に及ぶ生徒たちの粘り強い探究と、大人たちの心強い支えがありました。

宇宙へと夢を繋ぐ、ワクワクするノンフィクションです。 

 

著者データ
小坂康之:福井県立若狭高等学校海洋科学科教諭。
林公代 :フリーライター。ほかの著書に『星宙の飛行士』、『宇宙に行くことは地球を知ること 「宇宙時代」を生きる』など。

 


一歩ふみだす勇気 
高橋 惇


 

 

「自分の挑戦する姿を見て、子どもたちに笑顔になってほしい!勇気を届けたい!」

そんな夢を持って、日本一周の旅に自転車で飛び出した高橋惇さん
途中、全国各地の学校で講演会を開き、約6000人の子どもたちに勇気の種を届けました。

この本は、高橋さんが旅の中で出会ったたくさんの人と、色々な経験からヒントをもらって、挑戦するあなたに、大切なことを教えてくれます。

一歩を踏み出すのは勇気がいる。
でも、その一歩の先には、たくさんの可能性が広がっている。

今、悩んで立ち止まっている人、誰かの背中を押してあげたいと思っている人に読んでほしい本です。

 

著者データ
高橋惇:二度にわたって、自転車で日本一周の旅に出る。現在は習い事教室「イドミィ」を開き、子どもたちの挑戦を応援している

 


まとめ


 

いかがでしたか?

私が最近挑戦したいなと思っていることは、一人ラーメンです。

近所にとても気になっているお店があるのですが、小さな店内にスーツ姿の男性がずらっと並んでお食事をしているので、なかなか入る勇気が出ません。

今年中には挑戦したい。

●● このブログを書いたひと ●●

●● Twitter ●●


●● 楽天ROOM ●●


room.rakuten.co.jp


最後までお読みいただきありがとうございました!
感想・コメントなど頂けると嬉しいです。