文学賞

【2022年】本屋大賞受賞作を読んでみた

4月6日、本屋大賞が発表されました。 ノミネート作はこちらの記事で紹介しています ↓ chiko-yama.hatenablog.com ノミネートされた10作の中から選ばれたのは・・・・ 逢坂冬馬さんの『同志少女よ、敵を撃て』でした! さらに、翻訳小説部門はソン・ウォ…

今年はどの作品に? 4/6発表、本屋大賞ノミネート作をおさらい!

間もなく、『本屋大賞』の受賞作が発表されます。 今年はどの本が選ばれるのでしょうか? 発表を目前に控えた今回の記事では、本屋大賞ノミネート作をざざっとおさらいしてみようと思います。 本屋大賞とは 過去受賞作 2022年小説部門ノミネート作 まと…

【書評】「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

2019年、ノンフィクション本大賞が決定!今回はこちらの受賞作についてご紹介します! いよいよ第2回ノンフィクション本大賞の発表です!「Yahoo!ニュース|本屋大賞 2019年ノンフィクション本大賞」大賞は『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』…

【書評】「むらさきのスカートの女」

わたしの町には「むらさきのスカートの女」がいる。いつもむらさきのスカートを穿き、小柄な体型、艶のない垂れ下がった黒髪。週に一度パン屋でクリームパンを一個買い、それを公園の専用シートで食べる。ちなみに彼女の家ならとっくの昔に調査済みだし、仕…

芥川賞2019前期 候補作(受賞作追記)

いよいよ、今期の芥川賞・直木賞が発表されますね! 今回は、芥川賞の候補作を難易度順(★が少ないほど読みやすい)にご紹介します。 ※受賞作追記しました。 【はじめに】芥川賞とは 図書館でいち早く候補作を読む方法 【2019年前期候補作】 【★★☆☆☆】カム・…