どんな難事件もお任せあれ!探偵小説3選

今回ご紹介するのは探偵小説です。

日常の謎」というジャンルが生まれ、学生、喫茶店のマスター、仕立て屋さん、果てはパンダまでが探偵をつとめる昨今ですが、この記事では本物の(?)探偵が登場する本を3冊ご紹介しますよ~!
 

目次

 


辮髪のシャーロック・ホームズ 神探福邇の事件簿 
莫理斯 (トレヴァー モリス)


 

 

”探偵"と聞いて、イギリスの作家コナンドイルが生んだ名探偵ャーロック・ホームズを思い浮かべる方は、少なくないでしょう。

ずば抜けた観察眼と推理力であっという間に難事件を解決してしまう天才ホームズ。

そんな彼が、もしも香港にいたのなら…?


この本の舞台は1980年代の香港。

仕事の都合で住まいを探していたホア・ション医師は、知り合いの紹介で、フー・アルという男の家に転がり込むことになります。

このフー・アル、変わり者ですが、街では名の知れた名探偵。

2人は探偵とその助手としてコンビを組み、香港の街で事件解決に奔走します。


収録されているのは「紅毛嬌街(ふんもうぎうがい)」「黄色い顔のねじれた男」「親王府の醜聞」など六つの短編。

ホームズ作品を読んだことのある方はピンときましたか?
これらは、本家のホームズ作品のタイトルをもじったもの。

それだけでなく、事件も登場人物も、全てホームズ作品がモデルになっています。

キャッチコピーは「香港版シャーロック・ホームズ」。


作者の莫理斯さんはこの本を、シャーロック・ホームズと香港へのラブレター」だとあとがきでおっしゃっていますが、ここまでの作品を書き上げるのは、本当に愛の力だとしか思えません!

地名も人の名前も漢字だらけで、「うっ」となるかもしれませんが、苦労以上に面白みがある作品。
とりあえず最初の一章だけでも、ぜひ読んでみて欲しいです!

 

著者データ
莫理斯 (トレヴァー モリス):香港生まれ。映画会社に勤務し、ドキュメンタリー映画やアニメーション映画の製作にあたる。『辮髪のシャーロック・ホームズ―神探福迩の事件簿』が初めての小説作品。

 


五つの季節に探偵は 
逸木 裕


 

 

*あらすじ
探偵の父親を持つ高校生のみどり。 そのせいで、「お父さんに頼めないかな」と相談を受けることもしばしば。 しかし、今度の相談は様子が違う。 父親ではなく、みどりへの依頼なのだ…。

 

事件の奥に隠された、"生の人間"の姿を見たいーー。
そんな好奇心から探偵業にのめり込んでいく少女を主人公に、5つのお話を収録したミステリ小説です。

お話が進むごとにみどりも大学生、社会人と年を重ね、調査も本格的に。

探偵小説というとアウトローなイメージがあったので、会社に就職し、突飛な行動をしつつも安定して仕事をこなすみどりの探偵ぶりが新鮮でした。

五つの事件、みどりが突き止めるのは、どんな人間の姿なのか?
人の弱さを明らかにする、ほろ苦い探偵小説です。

 

著者データ
逸木 裕:『虹を待つ彼女』で横溝正史ミステリ大賞を受賞し、作家デビュー。2022年、「スケーターズ・ワルツ」で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。同作品は『五つの季節に探偵は』に収録されている。

 


神薙虚無最後の事件 
紺野 天龍


 

 

 

*あらすじ
観測者・御剣(みつるぎ)による、探偵・神薙の活躍を記録したノンフィクションミステリ『神薙虚無(かんなぎうろむ)シリーズ』
20年前に出版され、高い人気を得ていたが、多くの謎を残す『神薙虚無最後の事件』を最後に絶版となってしまった。
御剣の娘の唯は、主人公・瀬々良木たち"名探偵倶楽部"の面々に、最後の事件の真相解明を依頼するが……。


ライトノベルのような軽い文体のミステリ小説。

一冊の本からクラブの面々がそれぞれで真相を探り、推理を披露し合うというあらすじ。
同じ本から色々な解釈が生まれるのは、とても面白いなと思いました。私も参加したい。

この本のように、一つの謎から複数人がそれぞれ推理していくもの"多重解決ミステリ“というのだそうです。

シリーズにも出来そうな幕引きなので、次回作があるやも?

最後に待っているのは天使か?悪魔か?
あなたも一緒に推理してみては?

 

著者データ
紺野 天龍:『ゼロの戦術師』で作家デビュー。他の作品に『錬金術師の密室』『錬金術師の消失』、『シンデレラ城の殺人』などがある。

 


まとめ


 

いかがでしたか?
鮮やかに事件を解決する名探偵、かっこいいですよね~。
これからもまた、新たな探偵が生まれていくのでしょう。
 
真実は、いつも一つ!!
 

●● 関連記事 ●●

chiko-yama.hatenablog.com

chiko-yama.hatenablog.com

 

●● このブログを書いたひと ●●

●● Twitter ●●


●● 楽天ROOM ●●


room.rakuten.co.jp


最後までお読みいただきありがとうございました!
感想・コメントなど頂けると嬉しいです。