お母さん、いつもありがとう! 母の日に読みたい親子の絵本3選

 

5月の第2日曜日、5/8は母の日です。

母の日を目前に控えた今回の記事では、親子を描いた絵本を3冊ご紹介します。

もちろんお父さんにもオススメ!

 

目次

 


ながいながい ねこのおかあさん


 

 

*あらすじ
かわいい子ネコと、体のながーいお母さんネコ。ある風の強い日、子ネコは風に飛ばされ、辿り着いたのはお母さんのしっぽ。 お母さんのお顔を目指して一人走り出した子ネコですが…。

 

長い長いネコのお母さん。
その体がどのくらい長いかって、頭からはお尻の方が見えないくらい。
最後にお母さんの全体像が分かるのですが、なっっっっっっがい。
想像を遥かに超える長さです。
 
どうしてそんな体に?
どうやって生活しているの?
でも子ネコは普通サイズなんだ?
 
他人が描いたらホラー作品になりそうです。が、怖いお話ではないのでご安心を。
 
頑張る子ネコを見守るお母さんのまなざしが温かい、ちょっとびっくり、そして可愛い親子絵本です。

 


わたしたち


 

 

 

膝に抱いた子どもに語りかけるお母さん。
 
「私が羊なら、あなたは小羊」
「私が馬なら、あなたは子馬」
「たとえ姿形が違って見えても、いつだってわたしたちはわたしたちのまま…」
 
チリの絵本作家パロマ・バルディビアの作品。
遠く離れても、姿が変わっても断ち切れることのない、親子の絆を描いた絵本です。
 
これから旅立っていく子に贈る、温かなメッセージ。
一文一文にきっと胸を打たれるでしょう。

 

 


あんなに あんなに


 

 

 

あんなに笑ってたのに、もう泣いてる。
あんなに欲しがってたおもちゃ、もう飽きちゃった。
あんなに掃除したのに、もう散らかしてる…。
 
やんちゃな子どもとお母さんのぼやき。
そして時は流れ、あんなに小さかったあの子は…。
 
人気絵本作家ヨシタケシンスケさんの作品。
すごくシンプルなのに、なんだろう…泣きそう…。
 
全国絵本専門店・書店へのアンケートで、その年最も支持された絵本を決める「絵本屋さん大賞」で、2021年第1位に選ばれました。
 
ちなみに2021年で14回目だそうですが、そのうち7回がヨシタケシンスケさんの作品。
人気ぶりが窺えますね。
両親へのプレゼント、逆にお子さんへのプレゼントにもぴったりの絵本です。

 

著者データ
ヨシタケシンスケ:2013年「りんごかもしれない」で絵本作家デビュー。経児童出版文化賞美術賞、MOE絵本屋さん大賞など受賞作多数。不思議でユニークな世界観にハマる人続々。

 


まとめ


 

いかがでしたか?
実は私、母の日にプレゼントをあげた記憶が無くてですね…。
今年は何か本でも贈ろうかな…。

 

●● このブログを書いたひと ●●


 

chiko-yama.hatenablog.com

 

●● Twitter ●●


●● 楽天ROOM ●●


room.rakuten.co.jp


最後までお読みいただきありがとうございました!
感想・コメントなど頂けると嬉しいです。