しんしんと寒さが楽し歩みゆく…子ども向け・冬を感じる本3選

さあ、12月がやってきました!
今年も残すところあとわずか。
あっという間だったなあ…

そして同時に、寒い寒いもやってまいりました。
今回は冬を感じる絵本や小説を紹介していきます!

 


ひびけ わたしの うたごえ


 

 

カナダの作家カロライン・ウッドワードと、イラストレーターのジュリー・モースタッドの作品。

冬の朝。
6歳のカロラインは、スクールバスに乗るため、日がのぼる前のまだ暗いうちに家を出ます。

雪深い森のなか。

風が冷たい。
何かの気配。
不気味な物音。

心細くなったとき、カロラインはふと思いつきます。

そうだ!こういうときは…

不安な時、心に勇気を灯してくれる冬の絵本。

 


銀をつむぐ者 


 

アメリカの作家ナオミ・ノヴィクのファンタジー小説

中世東欧の小さな皇国には時折、冬の王国スターリクへの道が開かれ、黄金を求めたスターリクの民がやってきては、皇国の人々を苦しめるのでした。

このお話の主要な登場人物は3人の少女。

気弱な父に代わって金貸し業を営む娘・ミリエム。
荒くれ者の父のもと、弟たちと怯えながら暮らすワンダ。
素朴な器量のせいで嫁にもだしてもらえない公爵令嬢のイリーナ。

無理矢理にでも自分たちの境遇を受け入れていた彼女たちですが、ミリエムがスターリクの王から銀を受け取ったのをきっかけに、3人の運命は複雑に絡みはじめ、冬を巡る争いの波に呑まれていくことになります。


本作で描かれるのは、守りたいもののため、自分の頭で考え、道を切り開いていく少女たちの姿。
じっくり腰を据えて読みたい、長編ファンタジーです。

 


ゆきのけっしょう


 

 

雲や虹、雷などの気象を専門にした"空の写真家"、武田康男さんによる写真絵本。

みなさんは、雪をじっくり観察してみたことがありますか?

ひらひらと落ちてくる雪をよくよく見てみると、一粒一粒が花のような綺麗な形をしていることが分かります。

これは、雪の結晶。

この本では、雪の結晶がどのように出来るのかを、美しい写真とともに紹介しています。
針の先ほどの大きさの粒に次々と出っ張りができ、色々な形や模様が生まれていく…。

自然の作り出すアートに魅了される、素敵な絵本です。

 


まとめ


 

いかがでしたか?
寒さが身に沁みますが、イベントも多い冬。
楽しい季節にしましょう!

 

●● 関連記事 ●●


 

chiko-yama.hatenablog.com

 

chiko-yama.hatenablog.com

 

●● このブログを書いたひと ●●


 

chiko-yama.hatenablog.com

 

●● Twitter ●●


 

●● 楽天ROOM ●●


room.rakuten.co.jp

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
感想・コメントなど頂けると嬉しいです。